即日キャッシング|少額利用にオススメのカードローン

「なんどでも1週間無利息」のノーローンがおすすめ!

例えば給料日前の19日にどうしても買いたい限定品があり5万円が必要だったとします。こんなときにノーローンなら7日後までに返せば無利息ですので安心して借りれます。

 

そして、もし7日後の26日に返せなくても、その7日間の利息はやっぱり無利息!超過した8日目からの分だけ支払えばOKです。

 

ノーローンの特徴は上記サービスを次の月になればまた受けられるという点です。つまり毎月無利息で借りることだってできてしまいます。

 

また、来店不要で24時間即時に融資を受けれる「リアルタイム取引」を行っており、利便性は抜群で休日や夜間でも手数料が無料なのは嬉しいところです。

 

実質年率

利用可能額

融資スピード

無利息期間

4.9%〜18.0%

1万円〜300万円

最短即日

一週間

 

即日 キャッシング

 

 

借入目的について

 

キャッシングの審査では、必ずキャッシングしたお金の用途を尋ねられます。

 

この質問に対する返答を考慮して、最終的に融資するかどうかを決めているようです。これには理由があり、使用目的は業者にとって融資をするかどうかの重要な判断材料になるようです。

 

そもそも、キャッシングの審査に通るかどうかの基準は、借入希望者に十分な返済能力があるかどうかということです。返済能力のない人にお金を貸しても、返済困難になることは目に見えていますので、業者がお金を貸すはずがないことは明らかです。

 

返済能力が十分な人がキャッシングを行う理由と言えば、給料はある程度もらっていて返済能力はあるけれど、急な出費でお金が足りなくなったといったケースがほとんどです。これに対して、返済能力が不十分な人は収入が少ないために生活費やちょっとした出費にお金が足りなくなり、それを埋め合わせるためにキャッシングせざるを得なくなったというケースが多いです。

 

このどちらであるかを、使用目的を明らかにすることで見極めています。

 

目的として悪い例は「遊ぶお金が足りない」「生活費が足りない」などという場合です。自分の遊興費さえも手元にないと判断され、同時に浪費癖があると判断されることもあります。

 

生活費に困っているというのも、収入が少ないことを表すようなもので返済能力を疑われてしまいます。最も悪い理由は「他社から借入があり、その返済のためのお金がない」というものです。これは雪だるま式に借金を膨らませてしまう人の特徴であり、最終的に返済が困難になる可能性は十分にあるので業者は貸し渋ります。

 

審査に通りやすい使用目的は、「家族の医療費」「県婚式の挙式費用」「教育費」「車の修理代」など、やむを得ない出費を補おうとするものでしょう。また、これらの理由は人生における前向きな理由での出費であり、悪い印象を与えません。

 

年収や勤続年数などの申告内容は真面目に書くべきですが、審査に通るためには使用目的は馬鹿正直に書かない方がいいこともあります。少々ごまかしても、当初は確かに伝えた通りの使用目的で借入をしたが、どうしても別の場面での出費が必要になったのでそちらに回したということにすれば、虚偽申告にはならないので何ら問題はありません。